テレビ特集・国立天文台の安全保障技術研究推進制度

ご署名下さった皆様方。代表です。
コロナウイルスの流行、大変懸念いたします。日々増え続ける感染者のニュース、大変お気の毒です。

用件は2件です。

1件目。Twitterで話題となっているのですが、昨年の国立天文台の安全保障技術研究推進制度応募認可についての特集がありました。
私は地上波では見逃してしまったのですが、2/16にBSで再放送するようなので、録画視聴をお勧めします。

NNNドキュメント「カネのない宇宙人 信州 閉鎖危機に揺れる天文台
http://www.ntv.co.jp/program/detail/21885328.html
https://twitter.com/n_docu/status/1225604629989249025
◆番組内容
信州にある国立天文台・野辺山観測所が、財政難で閉鎖の危機に陥っている。多額の資金が得られる軍事研究の甘い誘いに揺れる中、奮闘する天文学者の1年を追った。
◆詳細
「人類史上初ブラックホールの撮影に成功」「はやぶさ2着陸成功」日本の宇宙科学は、世界で輝かしい実績をあげている。
しかし、この栄光の裏側で研究の現場は苦境に立たされている。長野県・八ヶ岳のふもとにある国立天文台・野辺山宇宙電波観測所が今、財政難で閉鎖の危機に陥っているのだ。
「経済的利益」を重視する国の政策によって、観測所の資金が大幅に減ったのが原因だ。存続をかけて奮闘する天文学者を1年間追った。

この書き出しや「軍事研究の甘い誘い」からわかる通り、安全保障技術研究推進制度を悪し様に報道する姿勢が見え見えです。
マスコミの姿勢を知る意味でも、視ておいたほうがよろしいかと思います。

2/16日曜日、11:00からBS日テレで再放送するようなので、よろしかったら皆様方もご視聴してみてください。

2件目。軍学共同反対連絡会のニュースレター最新40号がリリースされました。
内容は、岡山大学・大分大学への抗議、JAXAへの抗議などでして、筑波大学は言及無しです。

しつこくて読みにくい文章ですが、敵情分析、彼らの思考の癖を読み解く意味でも、皆様方もご購読をお勧めします。
http://no-military-research.jp/
http://no-military-research.jp/wp1/wp-content/uploads/2020/02/NewsLetter_No40.pdf

コロナウイルスだけでなく、インフルエンザ、ノロウイルスなどご注意ください。

防衛研究推進を求める自由市民の会

代表

***私たちの仲間にようこそ!心より感謝申し上げます!

1月以降本日に至るまで、大学署名で11筆(累計4,335筆)、日本学術会議署名で10筆(累計4,966筆)のご署名がありました。
(なお、1月からの新規署名者のなかに2名ほど大学教員の先生と同姓同名?ご本人?と思われる署名があり嬉しく思います。)
※途中辞退者(署名趣旨間違い、身バレ困る等の諸事情により申し出あった方々)を除く
心より感謝申し上げます。一緒に闘っていきましょう。

当方では皆様方のメールアドレスは管理しておりません。この一斉送信だけが皆様方との絆です。
ご意見などありましたら、お気軽にメールをください。

***2大署名を今後ともよろしくお願いいたします

①「すべての大学は、防衛研究(軍事研究)の自由を保障してください」  
http://chng.it/66tVw6rZ
②「日本学術会議は防衛研究(軍事研究)禁止声明を撤廃、ガイドライン・倫理規定・審査規定の策定を中止し、全大学に防衛研究の自由を保証するよう勧告してください」  
http://chng.it/cSJq7nbq

他の署名への署名・拡散のご協力もお願いいたします。
Twitter
https://mobile.twitter.com/YesDefenseStudy
ホームページ
http://yes-defense-research.org/
ご提言・情報・ご意見・アイデアなどは、お気軽に下記のアドレスまでメールください。今後の運動の参考にさせていただく場合もございます。
特に大学関係者の方からのご意見をお待ちしております。
メール info★yes-defense-research.jp (★を@に変えてください)

筑波大学内部の防衛研究反対派 & 意見募集フォームへのお願い

ご署名下さった皆様方。代表です。
コロナウイルスの流行、大変懸念いたします。この防疫にも、防衛研究が役に立っているはずです。

さて先日、筑波大学様宛に反対派が署名を開始したとの事、続報とお願いを送ります。

開始1週間で署名は3,000筆を超えたようですが、予想より伸びが鈍化してきています。このまま5,000を超えられるのか怪しい位です。

そんな彼らの一斉配信を見てみましょう。
「筑波大の学内からも「看過できない事態」と声が上がった」
https://www.change.org/p/筑波大学長-永田恭介様-筑波大学-国立大学協会-会長校-の大規模軍事研究に抗議し-その中止を求める/u/25702987

筑波大学の中にある教員のグループ「安保法制に反対する筑波大学有志の会」が、反対活動の中心的役割を果たしていることがわかります。
https://www.facebook.com/democracyfromtsukuba/
今後も「獅子身中の虫」の動向を注視していきます。

また、検索してみたところ、筑波大学教職員組合の意見募集フォームがあります
https://sites.google.com/view/kyoshokuinkumiai-tsukuba/2020gungakukyodo

是非とも皆様方、ご意見を送ってみてください。
受験・卒論指導で超多忙な大学事務局や先生方と違い、組合はそれほど多忙でもないはずです。
思いのたけをぶつけてみましょう!

私も早速意見を送ってみました。メールアドレス入力は不要ですし、身バレが心配であればgoogleアカウントからログアウトして入力してみてください。
調べてみると、そこまで神経質にならなくてもメールアドレスさえ入力しなければ身バレはしないようです。
https://aprico-media.com/posts/4014

寒い日が続いています。
また、コロナウイルスのニュースが騒がせています。どうか皆様、お気を付けてお過ごしください。

防衛研究推進を求める自由市民の会

代表

***私たちの仲間にようこそ!心より感謝申し上げます!

1月以降本日に至るまで、大学署名で10筆(累計4,334筆)、日本学術会議署名で9筆(累計4,995筆)のご署名がありました。
(なお、1月からの新規署名者のなかに2名ほど大学教員の先生と同姓同名?ご本人?と思われる署名があり嬉しく思います。)
※途中辞退者(署名趣旨間違い、身バレ困る等の諸事情により申し出あった方々)を除く
心より感謝申し上げます。一緒に闘っていきましょう。

当方では皆様方のメールアドレスは管理しておりません。この一斉送信だけが皆様方との絆です。
ご意見などありましたら、お気軽にメールをください。

***2大署名を今後ともよろしくお願いいたします

①「すべての大学は、防衛研究(軍事研究)の自由を保障してください」  
http://chng.it/66tVw6rZ
②「日本学術会議は防衛研究(軍事研究)禁止声明を撤廃、ガイドライン・倫理規定・審査規定の策定を中止し、全大学に防衛研究の自由を保証するよう勧告してください」  
http://chng.it/cSJq7nbq

他の署名への署名・拡散のご協力もお願いいたします。
Twitter
https://mobile.twitter.com/YesDefenseStudy
ホームページ
http://yes-defense-research.org/
ご提言・情報・ご意見・アイデアなどは、お気軽に下記のアドレスまでメールください。今後の運動の参考にさせていただく場合もございます。
特に大学関係者の方からのご意見をお待ちしております。
メール info★yes-defense-research.jp (★を@に変えてください)

【緊急報告】筑波大学様に反対派が新たな署名を開始

ご署名下さった皆様方。代表です。朝早くに失礼いたします。緊急で報告いたします。

ある程度予想はしていましたが、反対派が筑波大学様に対し大規模抗議活動を開始してきました。
新たな署名運動を開始したのです。

「筑波大学(国立大学協会 会長校)の大規模軍事研究に抗議し、その中止を求める!」
http://chng.it/2NHGVyfCFp

我々と同様のchange.orgで、主催は我らが主敵・軍学共同反対連絡会です。
開始1日で1,500署名に達するという脅威的伸びです。
有名な東京新聞の望月衣塑子記者の拡散力もあり、広まっています。
https://twitter.com/ISOKO_MOCHIZUKI/status/1223879519670419457

彼らは過去に反対の署名で一万人以上署名を集めていますから、その同じ面子で今回も1万人は超えると覚悟しております。

しかし、こちらも会議・大学合わせて9,000名超の署名もあります。反対派からしても、我々は無視できる存在ではありません。1月上旬にすでに筑波大学の学長様に手紙と、教員先生方にメールもしています。
既に手は打っています。

「(3) しかし、筑波大学の今回の応募・採択が他の大学の今後の動向に重大な影響を与えることは必至です。これを見過ごせば、折角、減少してきている大学からの応募を一挙に増加させる恐れがあります。」
という署名ページの記述からも、彼らの異常な焦りを読み取れます。

3月初旬に彼らは筑波大学様を訪問・署名の提出をするとのことです。おそらく望月記者などマスコミ報道も同行するでしょう。

こちらは、新たな手をスタッフと協議しつつ、冷静に情勢を見極めていきます。

また、皆様方にお願いです。筑波大学様は現在、大学受験や卒論指導などでで非常に多忙な日々が続いています。
筑波大学様への電話や今回安全保障技術研究推進制度に採択された藤田先生へのへのご連絡はお控えくださいますようお願い申し上げます。

その代わり、この情報をお仲間の皆様方にもシェアしていただき、情報共有を図ってください。
我々は打つ手を冷静に打っていきますのでご冷静な対応をお願いします。

新型肺炎など大変な時期です。皆様もご体調には十分ご注意くださいませ。

防衛研究推進を求める自由市民の会

代表

***私たちの仲間にようこそ!心より感謝申し上げます!

当方では皆様方のメールアドレスは管理しておりません。この一斉送信だけが皆様方との絆です。
ご意見などありましたら、お気軽にメールをください。

***2大署名を今後ともよろしくお願いいたします

①「すべての大学は、防衛研究(軍事研究)の自由を保障してください」  
http://chng.it/66tVw6rZ
②「日本学術会議は防衛研究(軍事研究)禁止声明を撤廃、ガイドライン・倫理規定・審査規定の策定を中止し、全大学に防衛研究の自由を保証するよう勧告してください」  
http://chng.it/cSJq7nbq

他の署名への署名・拡散のご協力もお願いいたします。
Twitter
https://mobile.twitter.com/YesDefenseStudy
ホームページ
http://yes-defense-research.org/
ご提言・情報・ご意見・アイデアなどは、お気軽に下記のアドレスまでメールください。今後の運動の参考にさせていただく場合もございます。
特に大学関係者の方からのご意見をお待ちしております。
メール info★yes-defense-research.jp (★を@に変えてください)

筑波大学学長様・教員の皆様方へご意見送付完了

ご署名下さった皆様方。代表です。

遅れ馳せながら、明けましておめでとうございます。
今年も引き続きよろしくお願いいたします。
令和二年が皆様方にとり、日本国の平和と安寧の年となりますよう、心よりご祈念申し上げます。
学問の自由を守り抜く闘い、今年も頑張ってまいりましょう。

用件は2件です。

1件目。
前回告知したとおり、安全保障技術研究推進制度への採択が内定した筑波大学の学長様への手紙と教員の先生方への一斉メールを先日お送りしました。
ここに、永田学長様への手紙を公開します。

令和2年1月吉日
 国立大学法人 筑波大学 
 学長 永田 恭介 様
              防衛研究推進を求める自由市民の会
                     代表  ●● ●●
謹啓 新春の候、ますますご清栄の事とお慶び申し上げます。
昨年11月にも意見書をご送付させていただき、また先生方にもメールをさせていただきましたが、私共は「防衛研究推進を求める自由市民の会」と申します。その節は、大変お手間を取らせてしまい、誠に恐縮でございます。

さて、昨年12月24日付の防衛装備庁公式サイトより、貴学数理物質科学研究科の藤田淳一教授が安全保障技術研究推進制度に採択されたことを知りました。
https://www.mod.go.jp/atla/funding/kadai/r01kadai_2.pdf
心より感謝、お祝い申し上げます。同制度は、ご承知の通り軍事研究だという批判・中傷が多く、なかなか大学の応募が少ないのが悩ましいところですが、貴学藤田先生のご採択は、大いに我々としても、国民としても励まされます。

これについて、同制度に反対の方々は既に藤田先生や貴学事務局に抗議のメールや電話をかけるように動員をかけている模様です。私共は、貴学の先生方、研究者の皆様が、自由に研究ができる環境こそが最も重要と考えております。また貴学の先生の中には、安全保障技術研究推進制度に反対の先生もいらっしゃると思います。私共は個々の先生方の信条、信念は尊重したいと思いますが、同時に反対派の方々のように、自己の主張にそぐわないからと言って、他者の研究活動に介入、制限することについては賛同致しません。
また反対派の中には,防衛装備庁の助成金は軍事目的であり、研究倫理に反するから学問の自由は認められないとする意見もあります。しかし私共はその意見にも賛同致しません。研究成果が軍事利用されるか否かは、当該技術の内容によって決まるもので、研究助成金の種類によって決まる訳ではありません。また安全保障技術研究推進制度は、その審査において防衛装備品への応用可能性は考慮しておらず、先進的な民生技術研究を対象にしています。釈迦に説法ではございますが、私共の研究倫理に関する考えを述べさせて頂くと、研究倫理には以下のようなものがあると考えております。
1)医学薬学など人を対象とした研究の目的、手法に関する倫理、
2)動物を用いた実験、研究の倫理、
3)捏造、改竄、盗用などの特定研究不正行為に関する倫理、
4)研究記録不備、オーサーシップ、利益相反行為等、問題のある行為に関する倫理、
5)研究費不正使用など、法令違反に関する倫理
私共は藤田先生の研究提案について、専門的な理解がある訳ではございません。しかし発表された内容によれば、衝撃耐性に優れた材料に関する研究と伺っております。しかしどう考えても、安全保障技術研究推進制度から助成を受けたからと言って、藤田先生の研究提案が研究倫理に反しているとは思えません。同制度に関する考え方は個人によって異なりますので、『〇〇の助成金はけしからん』というような意見は、到底研究倫理とは言えないと考えております。
残念なことに2018年に北海道大学で、安全保障技術研究推進制度を受けていた先生に、研究の途中半ばで辞退を強いられたことがありました。貴学ではどうかそのようなことがないように、学問の自由を守り抜いてください。お願い申し上げます。

貴学の「軍事研究に関する基本方針(平成30年12月13日)」を拝読させていただきました。
https://www.tsukuba.ac.jp/public/ho_kisoku/s-05/2018m01.pdf

その中で、「研究者の自主性・自律性が尊重され」「研究の公開性が担保されなければならない」と仰っていますが、安全保障技術研究推進制度はどれにも該当せず、軍事研究とも呼べない制度です。
https://www.mod.go.jp/atla/funding/koubo/r01/r01koubo2_honsatsu.pdf

・p.11 2.2研究課題の公募 「応募者は、この研究テーマの中から一つを選び、その研究テーマの解決策となりうる具体的な研究課題を考案して応募してください。」 
→研究テーマは防衛装備庁ではなく、研究者が決め、自主性自律性が尊重されています。

・p.9 1.4本制度のポイント 「受託者による研究成果の公表を制限することはありません」等、特定秘密に指定なし、プログラムオフィサーの介入なしなどの方針が示されています。
 →研究の公開性は十二分に担保されています。

・p.4 「本制度では防衛装備庁自ら行う防衛装備品そのものの研究開発ではなく、先進的な民生技術についての基礎研究を対象としていることから、研究成果については広く民生分野で活用されることを期待しています」 
 →目的は兵器の開発ではなく、広く民生応用可能な基礎研究助成制度であることがわかります。
 どうか、反対派の圧力に毅然とした対応をしていただき、学問の自由を守り抜いてください。
 また、今回永田学長様にお手紙を差し上げたことは、今まで同様に先生方にもメールでお知らせしております。
 末筆になりますが、貴学の今後ますますのご発展をご祈念申し上げます。

                             謹白

2件目。
引き続き、筑波大学様に応援メッセージをお願い致します。

◆筑波大学応援メッセージ送り先
◆筑波大学 研究推進部外部資金課
(TEL)029-853-2260
(問い合わせフォーム) https://www.tsukuba.ac.jp/inquiry?type=jyutakuk

◆藤田淳一先生 筑波大学大学院数理物質科学研究科 教授
(メール) fujita★bk.tsukuba.ac.jp (★を@に変えてください)
※短いメッセージでも構いません。ていねいに伝えてください。

防衛研究推進を求める自由市民の会

代表

***私たちの仲間にようこそ!心より感謝申し上げます!

12月以降本日に至るまで、大学署名で7筆(累計4,325筆)、日本学術会議署名で8筆(累計4,956筆)のご署名がありました。
※途中辞退者(署名趣旨間違い、身バレ困る等の諸事情により申し出あった方々)を除く

当方では皆様方のメールアドレスは管理しておりません。この一斉送信だけが皆様方との絆です。
ご意見などありましたら、お気軽にメールをください。

***2大署名を今後ともよろしくお願いいたします

①「すべての大学は、防衛研究(軍事研究)の自由を保障してください」  
http://chng.it/66tVw6rZ
②「日本学術会議は防衛研究(軍事研究)禁止声明を撤廃、ガイドライン・倫理規定・審査規定の策定を中止し、全大学に防衛研究の自由を保証するよう勧告してください」  
http://chng.it/cSJq7nbq

他の署名への署名・拡散のご協力もお願いいたします。
Twitter
https://mobile.twitter.com/YesDefenseStudy
ホームページ
http://yes-defense-research.org/
ご提言・情報・ご意見・アイデアなどは、お気軽に下記のアドレスまでメールください。今後の運動の参考にさせていただく場合もございます。
特に大学関係者の方からのご意見をお待ちしております。
メール info★yes-defense-research.jp (★を@に変えてください)

続・筑波大学支援依頼 & 1年間の総括と来年の展望

ご署名下さった皆様方。代表です。

早いもので、平成31年・令和元年も本日限りとなりました。
皆様方にとりまして、どのような1年でありましたでしょうか。

用件は2件です。

1件目。一昨日配信したとおり、引き続き、安全保障技術研究推進制度への採択決定した筑波大学へのご声援のメッセージをお願い致します。
 反対派は数の力に物を言わせて、相当な数を送っているはずです。

◆筑波大学応援メッセージ送り先
◆筑波大学 研究推進部外部資金課
(TEL)029-853-2260
(問い合わせフォーム) https://www.tsukuba.ac.jp/inquiry?type=jyutakuk

◆藤田淳一先生 筑波大学大学院数理物質科学研究科 教授
(メール) fujita★bk.tsukuba.ac.jp (★を@に変えてください)
※短いメッセージでも構いません。ていねいに伝えてください。

2件目。掲題の通り本年の総括と、来年の展望です。

<本年の総括>
・依然として厳しい戦いであるが、徐々に代表もスタッフも習熟してきており、ようやく僅かながら成果が出てきた、という感じです。
・署名を二本とも改正し、綱領を作成するなど、地固めがやっと終わった。(公式サイト参照)
・大学の安全保障技術研究推進制度への応募が歴代最低となるなど、厳しいニュースもあったが、明るい動きもあった。
 国立天文台が応募容認に転じる動きがあったり、軍事研究禁止だったはずの筑波大学が採択されたりした。
・予想外に反対派が我々の動きを気にしており、全く無視されているわけではない(この記事をご覧になっている反対派の方々、今まで失礼しました!)事がわかった。
・徐々に戦いらしい戦いが出来るようになってきた

<来年の展望>
・既存の受託研究を守り抜かねばならない
・詳しくはまだ明かせませんが、少しでも令和二年度の安全保障技術研究推進制度への応募が増えるように働きかけを強めていく。
・反対派は数の力を使って恫喝・忖度の強要のような事をしていくつもの大学を断念に追い込んできましたが、我々は数の力・恫喝でなく正論で訴えていく。

ひとまずは、12月24日に採択された筑波大学様への支援をします。正月返上です。

反対派も抗議文を送りつけ、回答を大学から求めるでしょうけど、大体のやり口は想像がついています。
反対派の方々、あまりがっかりさせないでくださいね(笑)

我々は大軍を翻弄する、神出鬼没のパルチザンという位置づけで行きましょう。

ここまでついてきてくださった皆様方、ご署名くださった方々、SNSなどで拡散してくださった方々、有料広告を出してくださった方々、その他有形無形のご支援してくださった方々、本当にありがとうございます。
今や少なからぬ大学の現場の先生方からもいただいております。その方々のご期待にも応えねばなりません。

これからもご支援をよろしくお願いいたします。そのうち、皆様方のお力を借りる時もあるかと思いますが、何卒宜しくお願い致します。

どうか、よいお年をお迎えください。

防衛研究推進を求める自由市民の会

代表

***私たちの仲間にようこそ!心より感謝申し上げます!

11月以降本日に至るまで、大学署名で19筆(累計4,324筆)、日本学術会議署名で42筆(累計4,955筆)のご署名がありました。
※途中辞退者(署名趣旨間違い、身バレ困る等の諸事情により申し出あった方々)を除く

当方では皆様方のメールアドレスは管理しておりません。この一斉送信だけが皆様方との絆です。
ご意見などありましたら、お気軽にメールをください。

***2大署名を今後ともよろしくお願いいたします

①「すべての大学は、防衛研究(軍事研究)の自由を保障してください」  
http://chng.it/66tVw6rZ
②「日本学術会議は防衛研究(軍事研究)禁止声明を撤廃、ガイドライン・倫理規定・審査規定の策定を中止し、全大学に防衛研究の自由を保証するよう勧告してください」  
http://chng.it/cSJq7nbq

他の署名への署名・拡散のご協力もお願いいたします。
Twitter
https://mobile.twitter.com/YesDefenseStudy
ホームページ
http://yes-defense-research.org/
ご提言・情報・ご意見・アイデアなどは、お気軽に下記のアドレスまでメールください。今後の運動の参考にさせていただく場合もございます。
特に大学関係者の方からのご意見をお待ちしております。
メール info★yes-defense-research.jp (★を@に変えてください)

【大朗報】筑波大学様が安全保障技術研究推進制度に採択内定 & その他

ご署名くださった皆様方。年の瀬も押し迫ってまいりました。代表です。

用件は3件です

1件目。朗報です。筑波大学様が安全保障技術研究推進制度に採択内定しました。
すでにTwitterでは書いていますが、防衛装備庁の公式サイトより12/24に発表されています。素敵なクリスマスプレゼントですね。
他に企業等が応募し、全5件の令和元年度二次募集課題が確定、すべて「タイプS」(他のタイプA/タイプCに比べ、最も予算が大きく期間が長い)です。

https://www.mod.go.jp/atla/funding/kadai/r01kadai_2.pdf

筑波大学様は今年1月には「軍事研究禁止」方針を出したと報道されていました。

筑波大 軍事研究しません 防衛省公募制度は個別審査 (東京新聞 2019.1.25)
https://www.tokyo-np.co.jp/article/ibaraki/list/201901/CK2019012502000152.html

しかし、大学公式サイトの基本方針では、

https://www.tsukuba.ac.jp/public/ho_kisoku/s-05/2018m01.pdf
「人道に反しない」「研究者の自主性・自律性が確保され」「研究の公開性が担保されない」ために「軍事研究は行わない」と書いてあります。

Twitterでも私共が書いてきましたが、安全保障技術研究推進制度は

①人道に反しない (ごくごく基礎的な研究で、実際の兵器研究ではない)
②研究者の自主性・自律性が担保されている (研究テーマは研究者のほうから提示できる)
③研究の公開性が担保されている (学会発表も、論文公開も特許取得も自由、否非公開前提の研究は応募できない)

であるから、この3原則には全く当てはまらないものです。軍事研究の定義があいまいなため、このような玉虫色の基本方針でありました。

今回の筑波大学様の判断は至極まともなものです。

そして、この採択の影響は大きいです。
「軍事研究禁止」とみられていた大手の筑波大学様が応募・採択したことは我々にとって大きな励みになります。
また、筑波大学の永田学長様は国立大学協会の会長も務めており、ちょっと我々としても期待する部分があります。

現に、反対派は大騒ぎし、大抗議すると息巻いています。(「筑波大学」「軍事研究」でTwitterやウェブで検索してみてください)

どうか皆様も、反対派の声にかき消されぬよう、各自筑波大学様にメールを送って差し上げてください。
よろしくお願いいたします。

私共も学長様に感謝と応援のの手紙を、近々差し上げる予定でございます。

◆筑波大学応援メッセージ送り先
◆筑波大学 研究推進部外部資金課
(TEL)029-853-2260
(問い合わせフォーム) https://www.tsukuba.ac.jp/inquiry?type=jyutakuk

◆藤田淳一先生 筑波大学大学院数理物質科学研究科 教授
(メール) fujita★bk.tsukuba.ac.jp (★を@に変えてください)
※短いメッセージでも構いません。ていねいに伝えてください。

2件目。大学の先生方からのご支援も増えてきました。

以前もお伝えしましたが、大学の先生方からの応援のメールを頂いております。昨年から累計9通となります。
中には、大学執行部役員の先生からの貴重な情報もいただいたこともあります。

また、11月の大学一斉送付の時にも多数の大学の先生方(と思われる。大学研究者と同姓同名で、署名でご記入いただいた居住地・郵便番号が大学近傍)からのご署名を頂きました。
先日、ExcelのVBAプログラムを使って過去の名簿を一斉検索したところ、他にも数十名の大学の先生方と思われる方々からのご署名を頂いております。
中には、郵便番号がズバリ「●●大学工学部」という方もいらっしゃいました。

これだけ多くの先生方から、ご支援を頂いていることに、心より感謝申し上げます。また、今まで気づいて差し上げられなかった非礼を詫びたいと思います。

3件目。岡山大学その他の大学の援護につきまして。
以前の配信で岡山大学様が反対派の抗議にさらされていると書きました。
その後大規模な動きはなく、突発的なものであったようです。

しかし、筑波大学様・岡山大学様はじめ6件の研究(大学が代表研究者)、他研究機関が代表研究者の8件の研究、合計14件の研究全てを援護せねばなりません。
年末年始休みを利用し、作戦を練っている途中です。

以上、長文失礼しました。

次回は12/31に改めて年末の感謝の挨拶を申し述べますが、1年間皆様方には大変お世話になりました。
来年からも、引き続きよろしくお願いいたします。

代表

***私たちの仲間にようこそ!心より感謝申し上げます!

11月以降本日に至るまで、大学署名で19筆(累計4,324筆)、日本学術会議署名で39筆(累計4,952筆)のご署名がありました。
※途中辞退者(署名趣旨間違い、身バレ困る等の諸事情により申し出あった方々)を除く

当方では皆様方のメールアドレスは管理しておりません。この一斉送信だけが皆様方との絆です。
ご意見などありましたら、お気軽にメールをください。

***2大署名を今後ともよろしくお願いいたします

①「すべての大学は、防衛研究(軍事研究)の自由を保障してください」  
http://chng.it/66tVw6rZ
②「日本学術会議は防衛研究(軍事研究)禁止声明を撤廃、ガイドライン・倫理規定・審査規定の策定を中止し、全大学に防衛研究の自由を保証するよう勧告してください」  
http://chng.it/cSJq7nbq

他の署名への署名・拡散のご協力もお願いいたします。
Twitter
https://mobile.twitter.com/YesDefenseStudy
ホームページ
http://yes-defense-research.org/
ご提言・情報・ご意見・アイデアなどは、お気軽に下記のアドレスまでメールください。今後の運動の参考にさせていただく場合もございます。
メール info★yes-defense-research.jp (★を@に変えてください)